【エクセルVBA】別シートからカレンダーに行事を転記する方法

みなさん、こんにちはケンケンです。

 

エクセルVBAを使ってカレンダー作りをしています。

今回は、別シートで管理しているイベント一覧から行事内容を転記する方法をご紹介します。

データ転記は実務ではかかせない作業なので、これを機にマスターしちゃいましょう。

前回の復習はこちらからどうぞ。

別シートからカレンダーに行事を転記する

カレンダーを作るコードは以前書いたものを使います。

下図のように年と月を指定してコードを実行し、2020年7月を表示させておきましょう。

 

 

シートを初期化するコードを書こう

さて、これから転記するためのコードを書いていくのですが、その前にシートを初期化するコードを書きます。

初期化とはデータをまっさらな状態に戻すことを言い、今回は、A列とB列の文字列を消します。

 

hiduke_rensyu10プロシージャに以下のように追加します。

 

 

コードの解説をします。

 

セルの値を削除したい場合は、ClearContentsメソッドを使います

Range(“A:B”).ClearContentsのようにRangeオブジェクトの後にメソッドを書きます。

Range(“A:B”)はA列とB列のことですから、A列とB列の値を削除する、という意味ですね。

ちなみに、似たメソッドでClearメソッドがありますが、これは、値だけでなく書式などすべてが初期化(削除)されます。

今回は、値のみを消したいのでClearContentsを使いました。

 

②A列とB列に見出しをつけます。

A1セルに日付、B1セルに主な行事として表示されています。

当然①の範囲指定でA1セルとB1セルの値を消去しなければ、②のコードは不要になります。

お好みで使ってください。

初期化するコードは重要なので、意識的に使えるようにしてください。

これを忘れるとデータがどんどん上書きされてしまい、何が正しいデータか分からなくなってしまいます。

 

シート名は明確に分けておこう

続きまして、転記する方法をご紹介します。

これも前回書いたコードを使って応用していきます。

 

 

こちらのコードを修正していくのですが、このコードは検索元と転記先を同一シートで行っていました。

今回は、シート間でデータのやり取りをしたいので、検索元と転記先のシートを明確に分ける必要があります。

具体的には、シート名を以下のようにしています。

  • 転記先のシート名を「カレンダー練習」
  • 検索元のシート名を「イベント一覧」

プロシージャを修正してみよう

2つのシートが用意出来たら、

まず結論ありき、ということで修正後のプロシージャをお見せします。

だいぶ複雑になったと思われたかもしれませんが、核になる部分は変わっていないので、前回の仕組みを理解できていれば、修正後のコードも理解できるはずです。

それでは修正点をひとつずつ解説していきます。

 

①②まず、転記元のシートと転記先のシートを明確に区別するために、シートそのものを変数に格納します。

シートはオブジェクトです。オブジェクトを格納するための変数はオブジェクト型(as worksheet)として宣言する必要があります。

宣言した変数にSetを付けてシート名を指定することで、その変数名をsheetオブジェクトとして使えるようになります。

オブジェクト型の変数を復習したい方はこちらをどうぞ。

今回は、「カレンダー練習」と「イベント一覧」シートをそれぞれの変数に格納しています。

 

③④「カレンダー練習」と「イベント一覧」シートそれぞれの最終行を取得しています。

カレンダーの日付(A列)もイベント一覧も常に最終行が一定ではないので、変数を使って変動に対応できるようにします。

 

⑤⑥最終行を取得した2つの変数を繰り返し構文の最終値として設定します。

繰り返し構文が2つあって混乱してしまう方は、前回の記事を復習しましょう。ひとつずつ手順を紹介しています。

 

⑦検索元と転記先の2つのシートを各Rangeオブジェクトの前に指定し、対象を明確にします。

きちんとシートを選択しないと正確に実行できなくなるので間違えないようにしましょう。

 

それでは、実行してみましょう。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は、ClearContentsメソッドを使った初期化の話と別シートからデータを検索して転記する方法をご紹介しました。

転記する方法はいろいろあります。さらに高速化する方法も存在しています。

当サイトでも紹介する機会があればみなさんにお目にかけたいと思いますが、まずはひとつ覚えていただきたいです。

 

教科書通りに勉強していくと、概念的な事象ばかりインプットしてしまいアウトプットがおろそかになる、もしくはアウトプットする時間が足りなくて、

  • やっぱり出来ないんだ・・・
  • プログラミング難しいな・・・

といって挫折する人を多く見てきました。

とにかくひとつ覚えたら、どんなものでも良いので自分の力で何か作ってください。

それは必ず血肉となってみなさんの力となるはずです。

ひとつ自分の力でできるようになれば応用はいくらでも効くので、是非今回の方法をマスターしていろいろなシーンで活用してください。

そのうえで必要だったら、別の方法や高速化にチャレンジすれば良いと思いますよ。

 

次回は、以前に条件付き書式を使って実現させた、土日だけ色を変える方法をご紹介しますのでお楽しみに。

それでは、また次回お会いしましょう。

 

カレンダーアプリ作成記事一覧

【エクセルでカレンダー作成】シリアル値の概念を知り日付関数の基礎をマスター

【エクセルでカレンダー作成】日付と曜日を表現する関数をマスターしよう

【エクセルでカレンダー作成】作業列を設けてカレンダー作りにとりかかる

【エクセルでカレンダー作成】VLOOKUP関数と条件付き書式でカレンダーを作りこむ

【エクセルVBA】VBAでカレンダーを作るときに最も重要な関数

【エクセルVBAでカレンダー作り】DoLoopとDateAdd関数を使って日付を書き出す方法

【エクセルVBAでカレンダー作り】OFFSETとVLOOKUPを使って検索抽出する方法

【エクセルVBA】別シートからカレンダーに行事を転記する方法

【エクセルVBA】カレンダーの土日だけ色を変える方法とRangeオブジェクトの応用的な使い方

【エクセルVBA】プロシージャをまとめてカレンダーを完成させよう