エクセル関数を使ってパスワード管理をする方法【Rand関数で乱数を発生させる】

みなさん、こんにちはケンケンです。

 

今回は前回に引き続きエクセルを使ったパスワード管理についてご紹介していきます。

 

前回の記事はこちらです。

前回は、パスワードの重要性と設定方法をを複数ご紹介しましたが、今回はパスワードを自動で作ることができないか関数を使って検証していきます。

パスワードは連想されにくいものを使うべきなので、乱数を発生させて登録していきたいですね。

 

乱数を発生させるRAND関数と整数を作るINT関数

まず、パスワードを生成するために乱数を発生させるRAND関数を使います。

この関数を使って4桁の数字を発生させてみましょう。

 

RAND関数を使ってみよう

RAND()※引数なし

0以上1未満の実数を返し、エクセルシートが計算されるごとに乱数を発生させます。

 

乱数を発生させてみよう

A2セルに「=RAND()」と入力し、乱数を発生させます。

 

上記のままでは使えませんね。

この数字を4桁の整数になるようになるように成形します。

まず、4桁にするために生成された数字を10000倍します。

10000倍にはなりましたが、小数点以下が邪魔ですね。

INT関数を使って小数点以下を切り捨てます。

 

INT関数を使ってみよう

INT(数値)

数値部分を切り捨てて整数を返します。

数値の部分に先ほどのRAND関数を入れると4桁の整数が作れるはずです。

 

 

表示形式を整えるTEXT関数

4桁で表示できるようになりましたが、ひとつ問題があります。

1桁目が0のときです。

デフォルトでは数値として値が返ってしまうようで、1桁目が0だと実質3桁表示になってしまいます。

これを解決するためにTEXT関数を使って文字列に変換します。

 

TEXT関数を使ってみよう

TEXT(値,表示形式)

値に入れたデータを、表示形式に対応した文字列に変換します。

 

今回は、数値の中でも桁数を指定し、桁数に満たない場合は先頭を0にする形式を選択します。

例えば、88.888を4桁の整数と小数点以下2位まで表示したいとすると、

「=TEXT(88.888,”0000.00″)」と指定すると0088.89が返ってきます。

 

表示形式には、数値・日付・時刻など選べるので、いろいろ試して確認してみましょう。

 

今回は、4桁の数値の1桁目を0にしたいので以下のように設定します。

 

A2セルに「=TEXT(INT(RAND()*10000),”0000″)」と入力します。

これで先頭が0のときも4桁表示されるようになったので、セルをコピーしてみましょう。

 

これでサクッと乱数を使ってパスワードを生成することが出来ました。

まとめ

今回は、複数の関数を使って4桁のパスワードを生成することに成功しました。

しかし、パスワードとしては4桁の数字ではセキュリティ上安全とは言えませんね。

 

次回は、8桁かつ英数字で乱数を発生させより安全なパスワード生成を試みます。

ではまた次回お会いしましょう。

 

 

[記事一覧]エクセルでパスワード管理を徹底する方法

エクセルでパスワード管理を徹底する方法【VBA・関数使用】

エクセル関数を使ってパスワード管理をする方法

RANDBETWEEN関数を使ってパスワードを作る方法【エクセル関数】

VBAで新規ファイルを作成しパスワードを設定する方法

VBAで複数のファイルを作成しそのファイルにパスワードを設定する方法

エクセルVBAでRANDBETWEEN関数を使って8桁のパスワードを複数設定する方法

エクセルVBAでファイル作成とパスワード設定を同時に行う方法