エクセルで作った予定をGoogleカレンダーにインポートしちゃおうという話

みなさん、こんにちはケンケンです。

Googleカレンダー便利ですよね。

これだけ便利なものを無料で提供してくれるGoogleはもはや現代の神に等しい存在なのではないでしょうか。

まぁ言いすぎな気もしますが、とにかく便利で多機能なのは間違いないですね。

 

僕もよく使っています。

今回は、その便利なGoogleカレンダーにエクセルから予定をインポートしてさらに可能性の幅を広げてしまおうという魂胆、いや提案です。

 

エクセルで予定表を作ろう

まず、エクセルシートに予定表を作ってみましょう。こんな感じです。

それぞれの列に入力する情報は限定されます。つまり、A列は件名・B列は内容しか入力できません。

というかインポートしたときに正しい位置に表示されませんので、上記のとおりデータを並べてください。

なお、H列は終日でなければFALSEを選択し、I列は公開・非公開を選択します。TRUEは公開です。

 

予定表が作れたら、データを「CSV UTF-8(コンマ区切り)」で保存します

UTF-8でないと文字化けする可能性があります。UTF-8は文字コードと呼ばれるもので、コンピュータが文字を自分で理解できるように数値に変換する方程式のようなものです。興味のある方は是非調べてみてください。

 

予定表を取り込んでみよう

それでは、先ほど作った予定表をGoogleカレンダーに取り込んでいきます。

やりかたは簡単で、Googleカレンダーを起動させ、以下の図のように「他のカレンダー」から「インポート」を選択して、先ほど作ったファイルを指定してインポートボタンを押すだけ。

 

 

いかがですか。

あっという間にデータを取り込めましたね。

 

 

とはいうものの、本当に便利になったのか僕的には疑問です。

なぜなら、直接カレンダーに打ち込んだ方が速そうだからです(^_^;)

 

僕の中では、もっと応用を利かすことによって使い勝手がよくなるのではないかと考えています。

具体的には、

  • TODOリスト
  • ガントチャート

あたりと複合できないかなと思っています。

応用できそうだったらまた報告します。

では、ご覧いただきありがとうございました。

 

エクセルの使える技については以下の記事がおすすめです。

【PC操作】Altキーで快適ショートカット術【フォルダ間の移動はこれでOK】

[入力規則番外編]OFFSETとCOUNTAを使ったリスト化が便利[関数応用]

[重要]セルの結合は基本NG[エクセル業務効率化]

実務で使えるIF関数【複数条件も空白にも対応!】